新着情報
NEWS

「往診獣医anidoc」、楽天ダイレクト株式会社と業務提携

「往診獣医業」を展開するアニドック株式会社(本社:東京都渋谷区広尾1-9-15広尾宮田アネックスビル6階、代表取締役社長:野中英樹 以下アニドック)とRakuten Direct株式会社(本社:東京都世田谷区玉川一丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス、代表取締役社長 小森 紀昭 以下楽天ダイレクト)は業務提携に合意し、2019年2月より東京23区を中心に往診獣医療サービスの提供を開始しております。

アニドックは2015年より東京23区を中心にペットの往診事業を展開しており、ペットの飼い主のみならず、トリミングサロンや猫カフェなどBtoBの分野でもサービスを提供しております。近年ペットの平均寿命の伸長のみならず、飼い主の高齢化により動物病院への通院が困難になるケースが増えており、ペットの往診需要の増加が見込まれます。今後、獣医師に対する往診動物病院開業支援の拡大と、往診獣医療とシナジーのある企業の往診ネットワークへの加盟を進めることにより順次対応エリアの拡大を進めてまいります。

楽天ダイレクトは、健康食品・医薬品・化粧品・ペット用品などの通信販売・EC運営を行う、楽天グループ企業です。爽快ペットストアやPET LAND、本間アニマルメディカルサプライなどのショップにおいて、ペットグッズ・ペットフード・サプリメント・動物用医薬品などペットに関する商品を数多く販売しており、ペットの健康に配慮する多くの飼い主に支持されています。

この度アニドックと楽天ダイレクトはお互いの強みを活かし、アニドックの提供する往診獣医業を楽天ダイレクトを通じて飼い主に提供する業務提携を結ぶこととなりました。
様々な理由で動物病院にペットを連れていけない飼い主が、混合ワクチンや狂犬病予防接種、フィラリア予防などの予防医療に関して、本間アニマルメディカルサプライの店舗を通じて往診の依頼をすることが可能になります。
楽天市場を利用する既存のペットの飼い主に対して、動物病院嫌いの犬猫が予防医療を受ける機会を提供し、ペットの予防医療の普及を推進したいと考えております。

2019年2月現在のサービス対象エリアは東京23区内となっております。
今後、往診獣医療のネットワーク加盟を促進し、順次拡大していく予定でございます。


社名 :Rakuten Direct株式会社
本社 :〒158-0094東京都世田谷区玉川一丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス
資本金 :1億円(2017年12月末現在)
代表者 :代表取締役社長 小森 紀昭
業種 :医薬品・日用品等の通信販売
WEBサイト :https://www.rakuten.ne.jp/gold/wwpc/sd/oushin/
往診動物医療に関するお問い合わせ先
担当:井上・天野

NHKおはよう日本 けさのクローズアップにアニドック往診が紹介されました

 

2019年1月15日(火)に当社の往診事業がNHKおはよう日本 けさのクローズにアップに紹介されました。

往診獣医師である天野謙一郎の往診の様子が紹介されています。

高齢者の往診依頼は年々増えております。

ペットを連れて動物病院に行くのが大変な方や、車を手放してしまって運ぶことができなくなってしまった方が増えているなどが主な理由です。

往診事業は、飼い主の「ペットと一緒に暮らしたいが、健康面からペットの世話をするのが難しい」という気持ちに応える動物医療の取り組みの一環として、今後ますます需要が高まっていきます。

当社では、ペットと最後まで一緒に過ごしたいという飼い主の願いを叶えていける医療を目指しております。

ここから詳細をご覧になれます。NHK おはよう日本 ペットと高齢者 一緒に暮らし続けるために

年末年始休業のお知らせ

年末年始の休業につきましては下記の通りとなります。 皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。 2018年12月29日~2019年1月3日までを休業とさせていただきます。 平成31年1月4日より通常通り営業をいたします。

アニドックマンション 海外加盟社1号 韓国でのペット共生マンション建設へ

アニドック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 野中英樹 以下アニドック)が展開する事業アニドックマンションネットワークに、韓国にてペット可マンションの建設販売に携わる株式会社伴侶犬住宅研究所(本社:韓国 ソウル特別区、代表取締役 朴 峻瑩 以下伴侶犬住宅研究所)が2018年10月18日付で加盟することになりましたので、お知らせいたします。

 

朴氏が経営する伴侶犬住宅研究所では、韓国国内でペットとの幸せな共生を目的として設立され、住環境の改善や、飼い主のストレス軽減を目的としたペット共生マンションの企画、建設、販売、賃貸行を手掛けております。

韓国国内では初となるペットマンションを建築、販売した実績をもっている伴侶犬住宅研究所では、新たに女性専用のペットマンションを建設するにあたり、今回の加盟の決断となりました。

 

伴侶犬住宅研究所は、1997年日本の国土交通省が中高層共同住宅標準管理規約の大幅改正を行う中でペット飼育を「管理規定に定めるべき事項」として記載したことなどをきっかけに、いわゆる「ペット可マンション」の供給が促進されていることに着眼し、自国でのペットの住環境整備に比べ、日本でのマンション建設は進んでいると考えられていることから、日本のペット共生マンションに注目したことが今回の加盟のきっかけとなりました。

 

日本でのイベントなどで弊社野中と出会い、本業界における30年にわたる実績や、開発にかかわった商品など、ペットと共に生きることを前提とした信念とし、ただ商品を販売するだけではない、本当にペットのことを考えたサービスというものが、伴侶犬住宅研究所の成功に不可欠であると加盟にあたり朴氏からお言葉をいただきました。

 

アニドックマンションネットワークおよび代表野中の30年の実績を通じ、韓国の愛犬家、愛猫家たちにいい住環境を提供し、ペット、飼い主ともに健康に暮らすことができるようにしてあげたい朴氏は今後の展開についても考えておられます。

 

伴侶犬住宅研究所では、韓国で開催されるsuper pet show 2018にてペット向け住宅の出展を予定しており、会場ではアニドックマンションが提供する設備の一部であるケアブルやドギーフックなど、野中が開発にかかわった商品が展示されます。

国や環境が違えど、ペットを思う飼い主の気持ちやペットにとっての幸せな住環境というのは各国共通であると考え、今後アニドックマンションネットワークでは、日本国内だけならず、海外への展開も視野にいれ事業を拡大してまいります。

リフォーム楽々通信にアニドックどうぶつ病院・往診獣医師のインタビュー記事が掲載されました

ペットの健やかに暮らせる住まいを実現するにはペットの生態や習慣を理解し、けがやストレスの原因を取り除いてあげることが大切で、住環境が原因で起こるケガや病気、ストレスへの対策に関する記事が掲載されています。
記事を読む

 

ペット共生マンションにおける進和建設工業株式会社との業務提携に関するお知らせ

アニドック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 野中英樹 以下アニドック)は、​進和建設工業株式会社​(本社:​大阪府堺市​、​代表取締役 ​西田芳明​ 以下​進和建設工業​)に対しアニドックマンションネットワーク(以下アニマン)の提供する商品の販売およびコンサルティング業務の提供に関する提携に合意いたしましたのでお知らせいたします。  

 

 進和建設工業は大阪で約50年にわたり、賃貸住宅の建設を中心に土地活用のコンサルティン グに実績のある企業であり、土地のオーナーにとって事業としての可能性も含めて提案できる 強みをもっております。

 

アニドックでは本提携によりアニマンが提供するペット共生マンションにかかわるサービスを提 供できるとともに、アニドックが展開する動物病院経営のフランチャイズネットワークへの加盟 のご提案も可能となりました。

人口減少、空き家率増加など従来通りの賃貸マンション経営に加え、新たな価値の創造を提案できるアニドックでは、進和建設工業を通じ、土地オーナーに対し、ペット関連の経営に関するアドバイスも可能となると考えております。

ペットケアやセルフケアの設備をつけるなど、マンションの賃料以外の収益を得られるモデル や、動物病院経営により、ペット共生マンションへ入居される方を見込んだ事業展開も視野にいれた新たなビジネスモデルの提案により、進和建設からの提案に新たな選択肢がうまれることとなります。 

進和建設の築き上げた信頼と実績に加え、ペットを中心に事業展開を行うアニドックの様々なサービスが提供できることにより、今後のマンション経営に貢献できると考えております。

アニドックでは、今後もアニマンを中心とした提携を進め、より多くの土地オーナーに有意義な提案をできるようにしてまいります。     

 

【本件に関するお問い合わせ先】
 企業名:アニドック株式会社
 TEL:03-6277-2163

 アニドックマンションネットワークに関するお問い合わせ
 FCネットワーク事業部 柴山 

 本件に関するお問い合わせ 
 コーポレートマーケティング部

ビジネスチャンスの記事に弊社の往診事業が掲載されました。

往診獣医と動物病院でFC募集を本格化。

ターミナル病院とIT化で開業を支援‼

記事に掲載されました。

媒体名:ビジネスチャンス

掲載日:2018年6月22日

出版社:株式会社ビジネスチャンス

タイトル:フランチャイズ業界の革命家たち

往診獣医anidoc,イオンペット株式会社と業務提携


 

 

 

「往診獣医業」を展開するアニドック株式会社(本社:東京都渋谷区広尾1-9-15広尾宮田アネックスビル6階、代表取締役社長:野中英樹 以下アニドック)とイオンペット株式会社(本社:千葉県市川市、代表取締役社長: 晴芳 以下イオンペット)は業務提携に合意し、2018年7月2日から首都圏を中心に往診獣医療サービスの提供を開始致します。

 

 アニドックは2015年より東京23区を中心にペットの往診事業を展開しており、ペットの飼い主のみならず、トリミングサロンや猫カフェなどBtoBの分野でもサービスを提供しております。近年ペットの平均寿命の伸長のみならず、飼い主の高齢化により動物病院への通院が困難になるケースが増えており、ペットの往診需要の増加が見込まれます。今後、獣医師に対する往診動物病院開業支援の拡大と、往診獣医療とシナジーのある企業の往診ネットワークへの加盟を進めることにより順次対応エリアの拡大を予定しております。

 

 イオンペットは、ペット用品販売やトリミングサロン、ペットホテル、しつけ教室、動物病院などの運営を行う、イオングループのペット専門企業です。国内外200以上の店舗運営を通じてペットに関する幅広いサービスを提供し、人とペットの幸せな共生社会の実現を目指しています。

 

 この度アニドックとイオンペットはお互いの強みを活かし、アニドックの提供する往診獣医業とイオンペットの動物病院にて相互に顧客の紹介を行う業務提携を結ぶこととなりました。

往診獣医業では動物病院にペットを連れて行くことのできない飼い主に対して獣医療を提供できる一方で、機材や人員に制限があり必要な全ての検査や治療を行えないケースがありました。

イオンペットの動物病院では医療機器やスタッフは充実しているものの、ペットを実際に連れてこられない飼い主に対しては医療を提供できておりませんでした。

今回の提携によって、普段ペットを動物病院に連れて行けない飼い主や、事情があり家を空けられない飼い主に対しても往診という形で獣医療を提供することが可能になり、また必要に応じてイオンペットの動物病院に搬送することで検査や治療の他、専門医診療や高度医療についても提供が可能になります。

 

サービス対象エリアは20187月2日のサービス開始時には東京23区と埼玉県および神奈川県の一部としております。

今後、往診獣医療のネットワーク加盟を促進し、イオンぺットとの提携店舗を順次拡大していく予定でございます。

ペット共生マンションにおける業務提携に関するお知らせ

アニドック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 野中英樹 以下アニドック)は、株式会社エス・アイ・ルネス(本社:東京都港区、 代表取締役 日崎哲仁 以下ルネス)のもつルネス加盟店に対しアニドックマンションネットワーク(以下アニマン)の提供する商品の販売およびコンサルティング業務の提供に関する提携に合意いたしましたのでお知らせいたします。

 

本提携によりルネスの約15の加盟店では、ペット共生型マンションの建設の経験や知識がなくても、高付加価値マンションを賃貸オーナーやペットの飼い主に提供することが可能となります。

 

ルネスが各加盟店に提供するマンション建設の支援内容は、どれも価値が高く、供給過多のアパート・賃貸マンション経営を打開するサービスとなっております。

ルネスにとっての新たな選択肢であるアニドックのペット共生マンションは、ペット可という人間が住まう住居にペットの入居を許可するだけのものとは一線を画し、選ばれるマンションとして、新たな市場開拓に貢献いたします。

 

アニドックが提唱するペット共生マンションの概要

 

1. HARD x SOFT X SERVICE X IoT

 

ただ設備を提供するだけではなく、規約や、往診などの住んでからのサポート、さらに、IoT技術をとりいれたプロダクトにいたるまでのペットライフに必要なものをトータルでプロデュースいたします。

 

2. アニドックオリジナル

 

ペット関連業務に多く携わるアニドックだからこそ、アニドックが監修・開発したオリジナル商品が用意できます。

 

3. 獣医師監修

 

どうぶつ病院も経営するアニドックだからこそできるサービスとして、提供するすべてを獣医師が監修いたしております。

========================================

アニドック株式会社

東京都渋谷区広尾1丁目9番15号 広尾宮田アネックスビル6階

TEL 03-6277-2163 FAX 03-6277-2164

 

アニドックマンションネットワークに関するお問い合わせ

FCネットワーク事業部 柴山

 

本件に関するお問い合わせ

コーポレートマーケティング部

ペット共生マンションにおける業務提携に関するお知らせ

アニドック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 野中英樹 以下アニドック)は、株式会社ヒーローライフカンパニー(本社:東京都港区、 代表取締役 日崎哲仁 以下ヒーローライフカンパニー)のもつヒーローマンション・フランチャイズ・ネットワーク加盟店およびスターハウスグループに対しアニドックマンションネットワーク(以下アニマン)の提供する商品の販売およびコンサルティング業務の提供に関する提携に合意いたしましたのでお知らせいたします。

 

アニドックのペット共生マンションは、代表取締役社長の野中が20年以上にわたり蓄積してきたノウハウと、アニドックが提供する獣医師監修によるHARD(設備)、SOFT(規約)、SERVICE(住んでからサポート)、IoT(ペットにつながるインターネット)と、ペットや飼い主のことを考えたマンション建設に必要なものが用意してあり、本提携によりヒーローライフカンパニーの約70の加盟店では、ペット共生型マンションの建設の経験や知識がなくても、高付加価値マンションを賃貸オーナーやペットの飼い主に提供することが可能となります。

賃貸住宅の空き家は全国で429万戸 ※1 を超える中、入居者の満足度が高く充実したサポートが得られるアニドックのペット共生マンションを提供することで、全国の賃貸住宅オーナーにとって、入居率の高い、高付加価値マンションの建設を可能にいたします。

今回の提携により、全国にFC加盟店をもち、これまでに3,500棟、46,000戸の供給実績のあるヒーローライフカンパニーをとおして、アニドックのペット共生マンションを展開することで、アニドックが提唱する「ペットと飼い主が暮らしやすい社会」の実現を目指します。

 

※1 出典:「平成25年住宅・土地統計調査 特別集計」(総務省統計局) (http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2013/tokubetu_2.html

 

アニドックマンションの概要

 

アニドックマンションは、ネットワークへ加盟することで、アニドックが提供するペット共生マンションの建設・維持に必要なHARD(設備)、SOFT(規約類)、SERVICE(住んでからサポート)、IoT(ペットにつながるインターネット)の購入・利用が可能になります。

 

またアニドックが提案するマンションには、賃料外収益モデルも用意してあり、飼い主にとっては「すみやすく満足度が高い」、オーナーにとっては「高入居率と安定した収入」というメリットがあります。

========================================

アニドック株式会社

東京都渋谷区広尾1丁目9番15号 広尾宮田アネックスビル6階

TEL 03-6277-2163 FAX 03-6277-2164

 

アニドックマンションネットワークに関するお問い合わせ

FCネットワーク事業部 柴山

 

本件に関するお問い合わせ

コーポレートマーケティング部