新着情報
NEWS

アニドックマンション 海外加盟社1号 韓国でのペット共生マンション建設へ

アニドック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 野中英樹 以下アニドック)が展開する事業アニドックマンションネットワークに、韓国にてペット可マンションの建設販売に携わる株式会社伴侶犬住宅研究所(本社:韓国 ソウル特別区、代表取締役 朴 峻瑩 以下伴侶犬住宅研究所)が2018年10月18日付で加盟することになりましたので、お知らせいたします。

 

朴氏が経営する伴侶犬住宅研究所では、韓国国内でペットとの幸せな共生を目的として設立され、住環境の改善や、飼い主のストレス軽減を目的としたペット共生マンションの企画、建設、販売、賃貸行を手掛けております。

韓国国内では初となるペットマンションを建築、販売した実績をもっている伴侶犬住宅研究所では、新たに女性専用のペットマンションを建設するにあたり、今回の加盟の決断となりました。

 

伴侶犬住宅研究所は、1997年日本の国土交通省が中高層共同住宅標準管理規約の大幅改正を行う中でペット飼育を「管理規定に定めるべき事項」として記載したことなどをきっかけに、いわゆる「ペット可マンション」の供給が促進されていることに着眼し、自国でのペットの住環境整備に比べ、日本でのマンション建設は進んでいると考えられていることから、日本のペット共生マンションに注目したことが今回の加盟のきっかけとなりました。

 

日本でのイベントなどで弊社野中と出会い、本業界における30年にわたる実績や、開発にかかわった商品など、ペットと共に生きることを前提とした信念とし、ただ商品を販売するだけではない、本当にペットのことを考えたサービスというものが、伴侶犬住宅研究所の成功に不可欠であると加盟にあたり朴氏からお言葉をいただきました。

 

アニドックマンションネットワークおよび代表野中の30年の実績を通じ、韓国の愛犬家、愛猫家たちにいい住環境を提供し、ペット、飼い主ともに健康に暮らすことができるようにしてあげたい朴氏は今後の展開についても考えておられます。

 

伴侶犬住宅研究所では、韓国で開催されるsuper pet show 2018にてペット向け住宅の出展を予定しており、会場ではアニドックマンションが提供する設備の一部であるケアブルやドギーフックなど、野中が開発にかかわった商品が展示されます。

国や環境が違えど、ペットを思う飼い主の気持ちやペットにとっての幸せな住環境というのは各国共通であると考え、今後アニドックマンションネットワークでは、日本国内だけならず、海外への展開も視野にいれ事業を拡大してまいります。

ペットと一緒に海外へ アニドック企画 ドイツ クリスマスマーケットを楽しむプラン

アニドック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 野中英樹 以下アニドック)は、ペットを連れての海外渡航サポートの一環としてトラベルコンシェルジュを設置いたします。

 

アニドックでは、ペットがいるから旅行に行けないという飼い主の声にお応えし、国内、海外ともにペットとの楽しい旅と思い出作りを支援し、疑問や不安を解消するトラベルコンシェルジュを設置する運びとなりました。

 

国内旅行については、「犬旅.com」の協力により国内の宿泊先や、宿泊地付近のペットと楽しめるスポットや、ペット連れ旅のモデルコースなどをご紹介してまいります。

 

犬旅は「愛犬との旅行を応援する」をコンセプトに宿泊先の紹介だけではなく、旅に関する情報を発信しており、ペット連れ旅のプロとしてのアドバイスをアニドック経由でお客様にご提供できることになります。

 

また、海外旅行の場合、短い期間の中で、日本への帰国のための手続きが現地で必要となるため、滞在のスケジュール調整の難しさや手続きの不安などが、旅行へ行く際のハードルになっているかと思います。

 

アニドックのトラベルコンシェルジュは、お客様のご要望にあったプランのご提案はもちろんのこと。犬を連れての海外旅行がはじめての方でも十分に楽しめる旅行プランをご用意し、ご紹介させていただきます。

 

旅行会社が提供するツアーとは違い、ホテルや航空券の手配や紹介がメインではなく、実際に現地を視察したスタッフによるアドバイスのもと組まれたスケジュールとなり、出発前の準備から、現地での滞在、帰国の手続きにいたるまでのお客様にとっての不安を解消し、楽しい思い出づくりに貢献したいと考えております。

 

アニドックは旅行会社ではないため、直接の航空券の手配やホテルなどができませんが、協力いただける旅行会社に手配を依頼することもできるため、お客様にとっての負担をできる限り少なくいたします。

 

トラベルコンシェルジュ設置記念として、アニドックからのご提案第一弾は、クリスマスマーケット発祥の地といわれるドイツで、「ペットと本場のクリスマスマーケットを楽しむ旅」。となります。

 

今後も、アニドックでは、飼い主とペットの幸せな生活を応援するプランをご用意してまいります。

 

========================================

アニドック企画 ドイツクリスマスマーケット周遊プラン 概要

暫定スケジュール

1日目(金)日本発 ミュンヘン

2日目(土)ミュンヘン→ニュルンベルク

3日目(日)ニュルンベルク→シュトゥットガルト

4日目(月)シュトゥットガルト→ハイデルベルク

5日目(火)ハイデルベルク→フランクフルト

6日目(水)フランクフルト わんちゃんの帰国の手続きの日

7日目(木)フランクフルト→

8日目(金)日本着

 

アニドック企画の特徴

犬連れに優しい航空会社を推奨

獣医局での手続きが一度にすむフランクフルトでの帰国手続き

犬の負担を考え、一日の移動時間を2時間以内

========================================

注意事項

アニドックは旅行会社ではないため、手配はできません。
協力いただける旅行会社へ連携してのお手配となります。

フランクフルトでの手続きの都合上、本プランは11月30日、12月7日、12月14日の出発を推奨いたします。

航空会社のルールにより1機にのせられるペットの頭数が決まっておりますので

日程の変更などのカスタマイズをご希望の場合は、アニドックのトラベルコンシェルジュが承ります。

 

本件の協力先:

犬旅.com

https://inu-tabi.com/index.html

海外旅行もペットを連れて 海外渡航サポート 新サービス提供開始

アニドック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 野中英樹 以下アニドック

)は、直営のアニドックどうぶつ病院世田谷と、往診アニドックにて、ペットと一緒に海

外旅行をされる方に向けた海外渡航サポートサービスの提供を2018年9月10日より開始い

たします。

 

先日提供を開始いたしました海外赴任者向けのサポートサービスに加え、ペットを連れて

の短期間の海外旅行のためのサポートの提供となります。

2010年および2012年に係留期間の見直しが行われた犬等の輸入検疫制度により、海外赴任

はもちろんのこと、海外旅行であっても待期期間なくペットを連れて行けるようになりま

した。

 

また、外資系航空会社の一部では、ペットの機内持ち込み(ペットインキャビン)の利用

が可能なことから、一定条件を満たせば、飛行機の中でもペットと一緒にいることができ

ます。

 

アニドックでは、海外旅行の際に必要なる獣医師発行の証明書や狂犬病のワクチン接種など

をはじめとしたペットを海外へ連れて行くために必要な手続きのサポートをいたします。

 

ペットをお留守番させるのはかわいそうだからとあきらめていた飼い主さんにとっても、

ペットのとの海外旅行の実現は大切な思い出になることと考えております。

アニドックは、ペットも家族同然であることから、飼い主もペットも我慢しない思い出づ

くりに貢献したいと考えております。

 

海外旅行にあたっても、店舗だけではなく、往診アニドックにて対応いたします。

往診アニドックが提供する海外渡航パックは、海外旅行・海外赴任のどちらにも

ご利用いただけます。

今後も、アニドックでは、ペットと飼い主のためのサービス提供を展開してまいりたいと

思います。

海外赴任もペットを連れて 海外渡航サポート サービスの提供開始

アニドック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 野中英樹 以下アニドック)は、直営のアニドックどうぶつ病院世田谷と、往診アニドックにて、ペットと一緒に海外赴任される方に向けた海外渡航サポートサービスの提供を2018年9月1日より開始いたします。

 

近年、ペットの飼育頭数が増える中、海外赴任の事例を受けた際に、家族同様ペットを連れての海外渡航を希望されるお客様のご要望にお応えするため、本サービスの提供することにいたしました。

 

赴任先へペットを連れていくためには、日本での輸出や相手国の入国条件にあわせた多くの手続きを必要とします。

その条件の中には、獣医師発行の証明書や、マイクロチップの挿入、狂犬病注射、狂犬病の抗体価検査といった動物病院での処置が必要なものも多く、渡航先の国にあわせた手続きの準備を行えるようにいたしました。

 

渡航先である国によっても手続きが大きく違うこともあり、アメリカ、ドイツ、フランス、イタリア、マレーシア、シンガポールなどといった赴任先として多くの日本人が渡航している国をメインにサポート展開してまいります。

その他の国につきましても、順に対応を広げてまいります。

また赴任中、言葉のわからない土地での動物病院の受診に不安のある飼い主様のため、アニドックの提供する獣医師に質問できるサービス「animo」をご利用いただくことで、日本語での獣医師への体調確認なども可能となります。

 

「animo」への会員登録や、獣医師への質問は無料のwebサービスのため気軽に登録できるうえ、日本との時差を気にすることなくご利用が可能です。

また、渡航前に一度でもアニドック動物病院もしくは、往診アニドックをご利用いただくことで、赴任先でのskypeを利用した獣医師へのご相談も可能となります。

 

本サービスは、ご自宅近くに動物病院がない、海外渡航の手続きをしてくれないというお客様にもご利用いただけるよう往診アニドックでも対応いたします。

ペットが安心して自宅で診療を受けられる往診サービスでは、ペットにとっての移動のストレスもなく、飼い主にとっても、対応できる動物病院を探してペットを連れていくという負担がなくなります。

 

往診については費用面の不安も、利用をためらう条件となることも考え、本サービスの基本となる海外渡航パックの提供もあわせて開始いたします。

海外渡航パックでは、狂犬病接種1回と狂犬病抗体価検査のための採血、採血した血清の送付、狂犬病抗体価検査の申請に必要な書類の記入を含めて30,000円での提供となります。

 

ご自宅には、狂犬病の接種のために1度、採血のために1度、計2回訪問いたします。

また、マイクロチップの装着がまだの場合は、別途オプションでマイクロチップの挿入も対応いたします。

 

海外での飼い主とペットの安心した生活を守ることで、アニドックの提唱する「ペットの平均寿命を20歳に」の実現に一歩近づくものと考えております。

アニドックでは、今後も多様なライフスタイルにあわせたペットと飼い主のご要望にお応えし、ペットと人間の共存のためのサービスを展開してまいります。

リフォーム楽々通信にアニドックどうぶつ病院・往診獣医師のインタビュー記事が掲載されました

ペットの健やかに暮らせる住まいを実現するにはペットの生態や習慣を理解し、けがやストレスの原因を取り除いてあげることが大切で、住環境が原因で起こるケガや病気、ストレスへの対策に関する記事が掲載されています。
記事を読む

 

ペット共生マンションにおける進和建設工業株式会社との業務提携に関するお知らせ

アニドック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 野中英樹 以下アニドック)は、​進和建設工業株式会社​(本社:​大阪府堺市​、​代表取締役 ​西田芳明​ 以下​進和建設工業​)に対しアニドックマンションネットワーク(以下アニマン)の提供する商品の販売およびコンサルティング業務の提供に関する提携に合意いたしましたのでお知らせいたします。  

 

 進和建設工業は大阪で約50年にわたり、賃貸住宅の建設を中心に土地活用のコンサルティン グに実績のある企業であり、土地のオーナーにとって事業としての可能性も含めて提案できる 強みをもっております。

 

アニドックでは本提携によりアニマンが提供するペット共生マンションにかかわるサービスを提 供できるとともに、アニドックが展開する動物病院経営のフランチャイズネットワークへの加盟 のご提案も可能となりました。

人口減少、空き家率増加など従来通りの賃貸マンション経営に加え、新たな価値の創造を提案できるアニドックでは、進和建設工業を通じ、土地オーナーに対し、ペット関連の経営に関するアドバイスも可能となると考えております。

ペットケアやセルフケアの設備をつけるなど、マンションの賃料以外の収益を得られるモデル や、動物病院経営により、ペット共生マンションへ入居される方を見込んだ事業展開も視野にいれた新たなビジネスモデルの提案により、進和建設からの提案に新たな選択肢がうまれることとなります。 

進和建設の築き上げた信頼と実績に加え、ペットを中心に事業展開を行うアニドックの様々なサービスが提供できることにより、今後のマンション経営に貢献できると考えております。

アニドックでは、今後もアニマンを中心とした提携を進め、より多くの土地オーナーに有意義な提案をできるようにしてまいります。     

 

【本件に関するお問い合わせ先】
 企業名:アニドック株式会社
 TEL:03-6277-2163

 アニドックマンションネットワークに関するお問い合わせ
 FCネットワーク事業部 柴山 

 本件に関するお問い合わせ 
 コーポレートマーケティング部

ビジネスチャンスの記事に弊社の往診事業が掲載されました。

往診獣医と動物病院でFC募集を本格化。

ターミナル病院とIT化で開業を支援‼

記事に掲載されました。

媒体名:ビジネスチャンス

掲載日:2018年6月22日

出版社:株式会社ビジネスチャンス

タイトル:フランチャイズ業界の革命家たち

往診獣医anidoc,イオンペット株式会社と業務提携


 

 

 

「往診獣医業」を展開するアニドック株式会社(本社:東京都渋谷区広尾1-9-15広尾宮田アネックスビル6階、代表取締役社長:野中英樹 以下アニドック)とイオンペット株式会社(本社:千葉県市川市、代表取締役社長: 晴芳 以下イオンペット)は業務提携に合意し、2018年7月2日から首都圏を中心に往診獣医療サービスの提供を開始致します。

 

 アニドックは2015年より東京23区を中心にペットの往診事業を展開しており、ペットの飼い主のみならず、トリミングサロンや猫カフェなどBtoBの分野でもサービスを提供しております。近年ペットの平均寿命の伸長のみならず、飼い主の高齢化により動物病院への通院が困難になるケースが増えており、ペットの往診需要の増加が見込まれます。今後、獣医師に対する往診動物病院開業支援の拡大と、往診獣医療とシナジーのある企業の往診ネットワークへの加盟を進めることにより順次対応エリアの拡大を予定しております。

 

 イオンペットは、ペット用品販売やトリミングサロン、ペットホテル、しつけ教室、動物病院などの運営を行う、イオングループのペット専門企業です。国内外200以上の店舗運営を通じてペットに関する幅広いサービスを提供し、人とペットの幸せな共生社会の実現を目指しています。

 

 この度アニドックとイオンペットはお互いの強みを活かし、アニドックの提供する往診獣医業とイオンペットの動物病院にて相互に顧客の紹介を行う業務提携を結ぶこととなりました。

往診獣医業では動物病院にペットを連れて行くことのできない飼い主に対して獣医療を提供できる一方で、機材や人員に制限があり必要な全ての検査や治療を行えないケースがありました。

イオンペットの動物病院では医療機器やスタッフは充実しているものの、ペットを実際に連れてこられない飼い主に対しては医療を提供できておりませんでした。

今回の提携によって、普段ペットを動物病院に連れて行けない飼い主や、事情があり家を空けられない飼い主に対しても往診という形で獣医療を提供することが可能になり、また必要に応じてイオンペットの動物病院に搬送することで検査や治療の他、専門医診療や高度医療についても提供が可能になります。

 

サービス対象エリアは20187月2日のサービス開始時には東京23区と埼玉県および神奈川県の一部としております。

今後、往診獣医療のネットワーク加盟を促進し、イオンぺットとの提携店舗を順次拡大していく予定でございます。

ペット共生マンションにおける業務提携に関するお知らせ

アニドック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 野中英樹 以下アニドック)は、株式会社エス・アイ・ルネス(本社:東京都港区、 代表取締役 日崎哲仁 以下ルネス)のもつルネス加盟店に対しアニドックマンションネットワーク(以下アニマン)の提供する商品の販売およびコンサルティング業務の提供に関する提携に合意いたしましたのでお知らせいたします。

 

本提携によりルネスの約15の加盟店では、ペット共生型マンションの建設の経験や知識がなくても、高付加価値マンションを賃貸オーナーやペットの飼い主に提供することが可能となります。

 

ルネスが各加盟店に提供するマンション建設の支援内容は、どれも価値が高く、供給過多のアパート・賃貸マンション経営を打開するサービスとなっております。

ルネスにとっての新たな選択肢であるアニドックのペット共生マンションは、ペット可という人間が住まう住居にペットの入居を許可するだけのものとは一線を画し、選ばれるマンションとして、新たな市場開拓に貢献いたします。

 

アニドックが提唱するペット共生マンションの概要

 

1. HARD x SOFT X SERVICE X IoT

 

ただ設備を提供するだけではなく、規約や、往診などの住んでからのサポート、さらに、IoT技術をとりいれたプロダクトにいたるまでのペットライフに必要なものをトータルでプロデュースいたします。

 

2. アニドックオリジナル

 

ペット関連業務に多く携わるアニドックだからこそ、アニドックが監修・開発したオリジナル商品が用意できます。

 

3. 獣医師監修

 

どうぶつ病院も経営するアニドックだからこそできるサービスとして、提供するすべてを獣医師が監修いたしております。

========================================

アニドック株式会社

東京都渋谷区広尾1丁目9番15号 広尾宮田アネックスビル6階

TEL 03-6277-2163 FAX 03-6277-2164

 

アニドックマンションネットワークに関するお問い合わせ

FCネットワーク事業部 柴山

 

本件に関するお問い合わせ

コーポレートマーケティング部

ペット共生マンションにおける業務提携に関するお知らせ

アニドック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 野中英樹 以下アニドック)は、株式会社ヒーローライフカンパニー(本社:東京都港区、 代表取締役 日崎哲仁 以下ヒーローライフカンパニー)のもつヒーローマンション・フランチャイズ・ネットワーク加盟店およびスターハウスグループに対しアニドックマンションネットワーク(以下アニマン)の提供する商品の販売およびコンサルティング業務の提供に関する提携に合意いたしましたのでお知らせいたします。

 

アニドックのペット共生マンションは、代表取締役社長の野中が20年以上にわたり蓄積してきたノウハウと、アニドックが提供する獣医師監修によるHARD(設備)、SOFT(規約)、SERVICE(住んでからサポート)、IoT(ペットにつながるインターネット)と、ペットや飼い主のことを考えたマンション建設に必要なものが用意してあり、本提携によりヒーローライフカンパニーの約70の加盟店では、ペット共生型マンションの建設の経験や知識がなくても、高付加価値マンションを賃貸オーナーやペットの飼い主に提供することが可能となります。

賃貸住宅の空き家は全国で429万戸 ※1 を超える中、入居者の満足度が高く充実したサポートが得られるアニドックのペット共生マンションを提供することで、全国の賃貸住宅オーナーにとって、入居率の高い、高付加価値マンションの建設を可能にいたします。

今回の提携により、全国にFC加盟店をもち、これまでに3,500棟、46,000戸の供給実績のあるヒーローライフカンパニーをとおして、アニドックのペット共生マンションを展開することで、アニドックが提唱する「ペットと飼い主が暮らしやすい社会」の実現を目指します。

 

※1 出典:「平成25年住宅・土地統計調査 特別集計」(総務省統計局) (http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2013/tokubetu_2.html

 

アニドックマンションの概要

 

アニドックマンションは、ネットワークへ加盟することで、アニドックが提供するペット共生マンションの建設・維持に必要なHARD(設備)、SOFT(規約類)、SERVICE(住んでからサポート)、IoT(ペットにつながるインターネット)の購入・利用が可能になります。

 

またアニドックが提案するマンションには、賃料外収益モデルも用意してあり、飼い主にとっては「すみやすく満足度が高い」、オーナーにとっては「高入居率と安定した収入」というメリットがあります。

========================================

アニドック株式会社

東京都渋谷区広尾1丁目9番15号 広尾宮田アネックスビル6階

TEL 03-6277-2163 FAX 03-6277-2164

 

アニドックマンションネットワークに関するお問い合わせ

FCネットワーク事業部 柴山

 

本件に関するお問い合わせ

コーポレートマーケティング部